TRANSOM DOLLY & BOW DOLLY
トランサムドーリー&バウドーリー
商品紹介のトップへひとつ前のページへ戻る

 

紙カタログが必要な方、またご意見等お気軽にお問い合わせください。

 

 
トランサムドーリー F900         
トランサムドーリーの車軸が固定式になりました!

これは便利!
トランサムドーリーを使えば楽々移動、そのまま着水!
跳ね上げ簡単!取り外しOK!



Aタイヤ

Jタイヤ

        車軸がボルト固定式ですが、結合部を旋盤加工して本体に組み込むので

        従来のガタがなくなりより強度も上がりました。

        新たにJタイヤ仕様も加わりラインアップが増えました。

 

※トランサムの大きめのインフレターブルボートにはJタイヤ装着可能です

(トランサムドーリーの上下時にタイヤはコーンに接触しますがクリアしま

(小型インフレターブルボートには取り付け出来ません) 

位置関係は写真を参照ください。

写真はアキレスFM315にF900Jを装着です。

 

ボートコーンからブラケットまで約100ミリ

 

ドーリーを倒した時

コーンの角部分からフレームまで約170ミリ

 

トランサムからタイヤ前部まで約300ミリ

トランサムからコーン角部分まで約450ミリ

FM315にF900Jを装着し倒した状態

FM315にF900Aを装着し倒した状態

 

 

 

 

F900Jタイヤをアルミボートに取付ました。



F900用取付跳上位置関係図
 

  

  

●トランサムドーリー使用風景

    (写真はどちらもAタイヤ仕様です。)

写真をクリックすれば大きい写真が見れます。

アキレス

スーパーショット

 

 

トランサムドーリー使用

インフレータブルボート編

(写真をクリックすれば動画が見れます)

 

トランサムドーリー使用

FRPボートの上下架

(写真をクリックすれば動画が見れます)

こちらのオンラインショッピングから購入が可能です。

商品番号 商品名 積載重量 フレーム重量 総重量 タイヤサイズ 税抜価格
F900A

新型トランサムドーリー(車軸固定)Aタイヤ

50kg(ボート重量80kg)

1.5kg

6.5kg

385φX90mm

¥37,900

F900J

新型トランサムドーリー(車軸固定)Jタイヤ

70kg(ボート重量100kg)

1.5kg

7.5kg

405φX160mm

¥41,300

F900D

新型トランサムドーリー(車軸固定)Dタイヤ

40kg(ボート重量60kg)

1.5kg

5.0kg

285φX85mm

¥31,800

F900  新型トランサムドーリーフレーム箱のみタイプ(タイヤ無)          \24,200

 

 

●空気入りタイヤ使用、アルミ製により軽くて丈夫で錆びず、ナイロン製ローラーベアリング入りホイールタイヤにより砂地でも楽にスムーズに動かすことができます。
●総重量100Kg以内の小型ボートのトランサムに取付、ボートのバウ(前)を持って移動します。特に船を持ちづらいインフレータブルボートに適します。FRP&アルミボートはそのトランサム形状、強度によりスペーサー※(別途や当て板をつけて取り付けます(取付出来ない艇もございます)
●材質は耐蝕アルミ合金アルマイト付で錆びません、タイヤ&支柱パイプはピンにて取り外しができワンアクションにてタイヤの上げ下ろしが可能です
●インフレータブルはもちろんFRPやアルミボートも装着可能。

※但し、Jタイヤ仕様(品番F900J)はインフレータブルボートには使用出来ません。タイヤとボートの気室が干渉します。

 

<適応表>

FRP艇  インフレータブル艇   アキレス艇
 (注:トランサムの形状により取付できないか、後方へ出すためのスペーサーブラケットが必要な場合があります)

 

●インフレータブルボートのトランサムは木製が多いのでボルト&タッピングビスにて取付ます。
●FRPボートの場合はトランサム形状、高さ等により取付判断して下さい。
●アルミボートの場合はトランサムにスペサー、当て物(強度アップ)を取付て使用します。
取付案内あります。

※船体の仕様銘板、取扱説明書、記載に干渉する場合が有ります、可能な場合は移動願います。
 移動不可の場合はお客様のご判断にて取付願います。 

 

※F900パーツ表&組立図PDF 

※取付説明書

 

※旧F800 パーツ表&組立図PDF 

主な消耗交換パーツはF800欄最下段にあります。

※F900A荷姿

 
※F900Aサイズ
 
※F900Jサイズ

<<<F900/F800 取付>>>

 

●アカシE3K270にトランサムドーリーの取り付けを行いました。

 トランサムがカーブしている艇体への取り付けは基本的には同様の作業となります。

 トランサム部の強度によっては取り付けできない場合もありますので取り付け前に

 各ボートメーカー様にもご相談ください。

                            

トランサムカーブの角度をテンプレート等    スペーサーを作成します。今回は       同時に裏当ても適当な大きさの

(写真のバー)を当てて角度を測ります。     木材を斜めにして作成しました。        板を作成します。

●スペーサーの取り付け角度はトランサムドーリーブラケットが平行になるよう角度を決めて作成してください。

フィッシングライター近藤氏のFRP艇への取付例はこちらから!


<<<F900/F800用 オプションパーツ&追加パーツ>>>

●艇の買い替え、2艇目の方、等は

取付ブラケットのみもあります。   寸法図

  

 

 

F821 トランサムドリーブラケット&取付ネジ&スレ止セット1個 \4,500+税

(1艇につき2個必要です)

トランサムの上部のガンネルが後方へ

張り出している艇に使用します。

●オプションにてFRP艇、アルミ艇用取り付けスペーサーブラケットがあります。
内容:角パイプ290x40x30(2本)、裏当てプレートx4枚、ボルト類

F822 FRPアルミ用スペーサー嵩上げキット40x30 ¥1.700+税

 

●ファクトリーゼロの適合タイヤお持ちの方用のタイヤのみ外したセットです。
    

F900 新型トランサムドーリー フレームのみタイプ(タイヤ無) ¥24,200+税 

  ●トランサム用ブラケットのみ(アルマイト付)L=250mm


Z840 トランサム用ブラケットのみ(アルマイト付)L=250mm ¥4,300+税
(1艇につき2個必要です) 

 

こちらのオンラインショッピングから購入が可能です。

バウドーリー        
これは便利!
トランサムドーリーとセットで使えば楽々移動!

  

F750(バウドーリー)使用方法

(写真をクリックすれば動画が見れます)

 

 

 

写真のように分解出来ます。

 

 

インフレータブルボートでの使用

           

フックをリングに掛けます。     操舵角度が大きく取れるのが    フロントドーリーのみでは使用

                      特徴です。(バウアイに無理な    出来ません。トランサムドーリー

                      力を与えないように使用します)   との併用で楽に上下架出来ます。

 

※バウアイの強度は確認が必要です。

 

FRPボートでの使用

              

フックをアイに掛けます。      フックをアイに掛けます。      操舵角度が大きく取れるのが    フロントドーリーのみでは使用

(ステムにアイがある艇)      (デッキにアイがある艇)       特徴です。(バウアイに無理な    出来ません。トランサムドーリー

                                           力を与えないように使用します)    との併用で楽に上下架できます。

 

※バウアイの強度は確認が必要です。

 

●スモールボート専用のバウドーリーです。 

F900 トランサムドーリーとセットで使用し砂浜も楽に移動出来ます。

Aタイヤは砂浜、Dタイヤはコンクリートスロープ等でご使用ください。

●艇体取り付け部強度は確認が必要です。

 

商品番号 商品名 フレーム重量 総重量 税抜価格
F750A  バウドーリー新型(Aタイヤ)  2s 7s ¥32,800
F750D  バウドーリー新型(Dタイヤ)  2s 5.5s ¥28,900
F750  バウドーリー新型(タイヤ無し箱のみ)       \22,000
 こちらのオンラインショッピングから購入が可能です。
 
 
    ※F750Aサイズ        ※F750Dサイズ

※パーツ表&組立図PDF 

※F750A荷姿

F750A

Aタイヤ総重量80s以内のボート

 

 

 

 

 

Dタイヤ総重量50s以内のボート

F750D

 

 

 

 

 

 

 


紙カタログが必要な方、またご意見等お気軽にお問い合わせください。

●マリン用船台の特注、業務に合わせた特注品の製作も致しますのでお問い合わせください。

 

製造元
〒243-0417 神奈川県海老名市本郷348-13 (有)ファクトリーゼロ
TEL:046-238-9411 FAX:046-238-9422
info@factory-zero.co.jp